保健室より of 愛知県立みあい特別支援学校

出席停止扱いになる感染症について

※注意※
「出席停止」扱いになり、「欠席」にはなりません。

■ 病名と出席停止の期間 ■

 

 病 名

 

期 間

 

医師の許可

エボラ出血熱 、クリミア・コンゴ出血熱 、痘そう、

南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、

急性灰白髄炎、ジフテリア、

重症急性呼吸器症候群(SARS)、

鳥インフルエンザ(H5N1)、

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第7項から第9項に規定する新型インフルエンザ等感染症、

指定感染症及び新感染症

治ゆ するまで

必要 

第2種 

インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1を除く)

発病した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日経過するまで 必要 
第2種

百日咳

特有の咳が出なくなるまで、または、5日間の適正な抗菌性物資製剤による治療が終了するまで

必要 
第2種  麻疹(はしか) 熱が下がって3日経過するまで 必要
第2種  流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下線または舌下線の腫脹が発生した後5日を経過し、かつ、全身症状が良好になるまで 必要
第2種  風疹(三日ばしか) 発疹が消えるまで 必要
第2種 水痘(水ぼうそう) すべての発疹がかさぶたになるまで 必要
第2種 咽頭結膜炎(プール熱) 主な症状がなくなって2日経過するまで 必要
第2種  結核  症状により医師において感染のおそれがないと認めるまで 必要 
第2種  骨膜炎菌性髄膜炎  症状により医師において感染のおそれがないと認めるまで
必要

3


コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、

パラチフス、流行性角結膜炎 、急性出血性結膜炎(アポロ病)

その他の伝染病 〔 伝染性紅斑(リンゴ病)、手足口病、溶連菌感染等 〕

症状に応じて出席停止の必要性を医師が判断し、医師の許可があるまで

・これらの病気にかかられた時は、医師から許可が出ないと登校できないことになっています。
・医師から登校の許可が出ましたら、「治ゆ報告書」に必要事項を保護者が記入し、押印の上、キリトリ線で切り離して、担任へご提出ください。

「出席停止のお知らせと治ゆ証明書」は、下よりダウンロードいただけます。



○ 出席停止のお知らせと治ゆ証明書.pdf

※注意※ 
 こちらの記入は、医師ではなく保護者の方で結構です。

学校における臨時薬の取り扱いについて

・ここでいう臨時薬とは、風邪等の急性疾患の症状改善のために、医師の処方により一時的に服用する薬をさします。保護者の判断により購入された市販薬は除きます。

・急性疾患で薬を飲まなければならないような場合は、本人の健康状態や他の児童生徒への影響を考慮し、無理な登校をしないようにお願いします。

・やむを得ず、学校での服用が必要な場合は、保護者の依頼と同意のもとで服用の介助を行います。

その場合、「臨時薬服用介助依頼書」を記入し、薬(薬袋に児童生徒名及び、1回の用量と服用期間を明記し、その日服用する分のみ)を添えて、担任へ提出してください。


「臨時薬服用介助依頼書」は、下よりダウンロードいただけます。


○ 臨時薬服用介助依頼書.pdf